2010年 10月 25日
お祭り。
毎年10月23~25日は、地元のお祭りです。
特に、今年は築城400年ということもあって盛大にするらしい。
いまいち何がどう去年と違うのかわからないけど、11基ある鉾が24日に駅前に集合していたのと、駅前にある公園に特設会場がもうけられて、「たむけん」が来たことくらいかしら。
一番盛り上がる24日の宵山は、残念なことに雨空で客足も伸びず。

そして、今年もお華の先生のお宅を一部解放して、華展を開きました。

SAOの今年のお華。
f0076260_8571121.jpg
ひときわ大きく、華やかなお華になりました。

花に助けられて、比較的すんなり生けることが出来ました。





これは、先生のお華。入口の、お客様をお迎えするお華です。
f0076260_915027.jpg
古木と現代の花を組み合わせて、今年の華展のテーマ「時代(とき)をこえ、現在(いま)」を現わされています。



お友達のお華も紹介~。
f0076260_952559.jpg
いくつかの花材が見事に調和して、生けてあります。
パンパスグラス(ススキみたいなの)が、いい感じ!
携帯で撮ったから、画質が暗い・・・。


もう一人のお華も紹介~。あ~でもない、こ~でもないと、時間をかけながら生けてる横で、「はよ、生けや~」とちゃちゃを入れてた、私。
f0076260_982463.jpg
バランスを取るのって、難しいよね。
モンステラ(でかい葉っぱ)は存在感あるけど、生けるとなると結構あつかいが難しい。
バラの位置も苦戦!(バラだけじゃないけど・・・)


先生が、床の間にお生花を生けられました。
はやく、こんな風にさっさと生けれるようになりたいわ。
f0076260_9104438.jpg
左側の名前は、忘れた・・・。
右側の垂れさがっているのは、「つるうめもどき」です。




23日のみ、みんなお着物を着ました。
着付けの上手な人がいて(先生の友達)、これからみんなで彼女に着付けを習うことに決定!
彼女の着付けは、全然苦しくなくて、そして綺麗。

ずっと着付けを習いたかったから、嬉しいわ♪

着付け教室に行っていろいろ買わされるのも嫌だし、先生と性格的に合わなかったらもっと嫌だし、誰かと巡り合わないかとずっと時を待ってたの。



折角みんな着物を着たんだからと、集合写真。
f0076260_9213673.jpg
着物を着ると、ぐっと華やかになるし、なんだかおしとやかになった感じ?!

粋に着物を着こなせるくらいにまで、なりたいものです。
[PR]

by lutukutuku | 2010-10-25 09:32 | SAOのお話


<< 出来モノ。      新調 >>