2012年 01月 30日
重箱の隅っこ。
ガーデニングという横文字というより、庭仕事をやらねばと思うに至るまでには、重箱の隅がありました。



愚痴になるんだけれど。




最近、全然バラの手入れが楽しくなくて。

というのも、ここ数年思うように花をつけてくれなくて。

冬の寒い時期の手入れと、夏の猛暑時の手入れが億劫になってしまって。

思うところにシュートは伸びず、バラの葉は黄色く落ちてしまい。


決定打は、2年前にお気に入りの園芸店で、沢山沢山あるバラ苗の中から選んだ一鉢を地植えして、まぁ植えた年は花は咲かないから株を育てようと頑張ったのにひょろひょろにしかならず、今年は絶対咲くだろうと思ったらただの一輪も花を付けず。

株に元気はなく、「なんで? 枯れちゃう???」と思ってた頃、駐輪場のための玄関の工事が始まるから(つい最近)、その株を移植する必要があって掘り出してみると。


根元に大きく育った幼虫が一匹。

根は食べつくされ、その幼虫はバラの幹の中に穴をあけて巣食ってました。




お前かぁ…。
お前が養分をすってたのかぁ…。



でも、ここから重箱の隅つつきが激しくスタート。


イジイジイジイジ
ウジウジウジウジ

「私が手入れを怠ったから、幼虫駆除が出来なかったんだ、イジイジ」
「もっと害虫対策をしてたら、枯らすことはなかったのに、ウジウジ」
「私って、なんでこうも中途半端にしか出来ないのかしら、ツンツン」
「もぅ私にはガーデニングなんて向いてないんだぁ、グズグズ」


自分で自分の重箱の隅をつつきながら、とことんマイナス思考まっしぐら。
落ち込むときは、一人でとことん重箱の隅をつつきます。





しかし。

重箱の隅をつつく女は、流されやすくもあった。

先日、子供と一緒に絵本を借りに図書館に行ったら、目にとまったガーデニング雑誌。
まぁ、なんてバラが綺麗。
あんなにイジけてたのに、思わずその雑誌を借りて帰りました。
f0076260_04593.jpg
その雑誌のバラを見て、記事を読んで、思い悩むこと一週間。


重箱の隅つつきも、さすがにもう、つつくところはない感じ。
なら、そろそろ重箱に蓋をするかぁ。


という気にさせてくれた雑誌に、上手に流されて。


最近毎日雪がちらつくこの極寒のなか、庭仕事の原点に返って土づくりから始めてみます。

今年は、SAO VS 害虫


これをメインに、頑張ります!

f0076260_014275.jpg
リュックは極寒に行かずに、コタツの中とコタツの外を行ったりきたり。
そして、水を飲みに行く。
[PR]

by lutukutuku | 2012-01-30 00:17 | SAOのお話


<< さむっ。      ガタガタで・・・。 >>