2006年 08月 26日
贅沢でした。
友人が言った言葉。

「SAOさん、私の幼馴染が京都市内にあるフレンチレストランでシェフをしてるんやけど、紹介してあげるし、行かはる? 多分、ものすごく安くなると思うねん~」

と、のたまったのです。
それは、行かねばなりません。

さらに、友人は言いました。

「記念日やったら尚更いいし、結婚記念日ということでどぉ?」

と、のたまったのです。
結婚記念日が、急遽8月24日に変更されました。
f0076260_2131584.jpg
物凄く、美味しく贅沢な料理でした。
キューリがハートだったんですよっ。芸が細かい!!
チキン2種は、私とMA君で一つずつ食べました。MA君がモモ肉、私がムネ肉。

ね、デザートのお皿に、アッチの言葉で「結婚記念日」と書いてありそうな文字が。
これは、フランス語だろうなぁ。うーん、読めないっ。

実は、これには裏話があります。
友人から、「そのシェフが、コースの料理で食べたいものがあれば、リクエストに答えるよって言ってるし、SAOさん何が食べたい?」と聞かされた私は。

・生ハムが食べたい ・イベリコ豚が食べたい ・桃のデザートが食べたい ・貴腐ワインをグラスで呑みたい

と、3~4日前に言いました。牛肉なんかをリクエストしないあたり、泣けてきます・・・。
そして出されたお料理は、上の画像です。
どうしても、イベリコ豚が入手できなかったからと、チキンに変更になりました。
良かった、牛肉に変更じゃなくて(お財布的に・・・)。

ワインは、厳密には貴腐ではないけれど、それに似た甘口の白ワインを用意していただいてました。
いいんです、ワインに詳しくないから、美味しかったら何でも!
ランチだから、甘口をと思ってただけですから。
予想外だったのは、グラス一杯の予定が、ボトルになってしまったことかしら。
用意していただいてたのに、「いえ、ボトルはいりません。グラス一杯だけでいいんです」と言う勇気もなく。
真っ昼間から、MA君と二人でボトル1本あけちゃいました。うひゃ~~~。

結婚記念日ですからと、ポラロイドで写真を撮ってくださり、ワインのラベルも丁寧にラミネートして下さり、なおかつ、お店を出るときに一輪のバラのプレゼントを頂き、車が見えなくなるまでお見送りいただきました。

さすがの私も心苦しい・・・、はぁはぁ。
これからは、8月24日が結婚記念日になるやもしれません。いいえ、なるでしょうとも。

で、きっと皆さんが気になってるのは、お値段ですよね。
一人、3,300円のお料理。
ワインは、1本6,000円でした。
お店で5千円以上するワインを呑んだのは、初めてだわぁ~。6千円ってことは、市場価格はその半額くらいだわね、きっと。
そう考えると、このワインは安いかもです。本当にいいワインでした(私たちには)。
f0076260_21552684.jpg
もちろん、LUCはお留守番。

いいよな、アンタたちは・・・って声が聞こえてきそう。
ハイ、しばらくは大人しく地味に生活いたします・・・。
[PR]

by lutukutuku | 2006-08-26 22:02 | SAOのお話


<< 夏の終わり。      床に行って来ました。 >>