2006年 10月 10日
パピーウォーカー。
私の住む市には、盲導犬センターがあります。
そう、映画「クィール」の舞台になりました。

スーパーで買い物をしていると、「お仕事中」というお洋服(?)を着て、訓練士さんと歩いているゴールデンやラブラドールを見かけます。
話しかけてはいけないのはわかってるんですが、つい「あの、よければ爪の垢を煎じて飲ませたいヤツがうちにいますので、いただけませんか?」と言いたくなっちゃう。
だめだめ。
そっと見守らなくては。

そんな盲導犬も、仔犬の頃はパピーウォーカーとなって、一般家庭で1歳まで育つのはみなさんご周知ですよね。
うちのご近所さんにも、パピーウォーカーのワンがいます。
そして、今週末には別のご近所さんの家にも新たにパピーウォーカーのワンが来るのです。
楽しみっ。

散歩に行こうとしたら、ご近所のパピーウォーカーに会いました。
仲良く、ご挨拶。
f0076260_123466.jpg
4ヶ月の女の子。
腕が太くって、これから益々大きくなるんだろうなぁ。
盲導犬センターの人から、「ワンを叱るときは、ワンの名前を呼んで叱ってはいけませんよ」と言われたけど、ついつい、名前を呼んで怒っちゃうのよ~って、言ってました。
そういやぁ、名前を呼んで怒っちゃいけないって、しつけ本に書いてあったなぁ~。

更に散歩を一緒に進めていくと、またまた別のパピーウォーカーのワンに出会いました。
この子も、4ヶ月。男の子でした。
f0076260_12193085.jpg

f0076260_12194022.jpg

f0076260_12195083.jpg

f0076260_12195919.jpg
相手にしてもらえないLUC、ぷぷぷー!
ぐるぐる周りを歩いて、様子を伺い、ちょっとワンと吠えてみたりもしつつも、仲間に入れてもらえず(笑)
パピーウォーカーの2ワンは、兄弟ではないけれど、とっても仲良しでこのじゃれあいぶり。
楽しそうに、ゴロゴロ転がりながら、噛みあって遊んでました。
ちょっと、迫力~。
聞くと、今盲導犬を増やしたいみたいで、パピーウォーカーを引き受けてくれる家を探しているらしいとのこと。
申し込んで1ヶ月もならないうちに、ワンが来たわよ~って言ってました(もちろん審査はありますが)。
うちは無理ですが、いい家庭に預けられることを願うばかり。
また一緒に遊ぼうね、今のうちにね、LUC♪
[PR]

by lutukutuku | 2006-10-10 12:34 | lucのお話


<< 合成写真・・・。      中秋の名月 >>