カテゴリ:lucのお話( 132 )

2016年 12月 15日
一難去ってまた一難・・・。
傷がいってた角膜も治って「やれやれ」と思っていたのも、束の間・・・。


また、リュックの目がショボショボに(涙)

涙量が多くなってきたやん~
若干、ウィンクしてるやん~~~


というわけで、またまた車を飛ばして病院へと走りました。


問題は分かってたんだけどね。
「毛」が眼球に向かって生えて来てるのよね。
常に「毛」が眼球に刺さっているのよね。

「毛」のせいで、またも角膜が傷いってました。

応急処置として、眼球に刺さっている「毛」を抜いてもらいました。



「抜く??!」



って思ったけど、SAOが診察室から出てるときに(その間に検査しますと言われて)ささっと抜きました、と。
「意外に大丈夫なものですよ」と、先生は涼しい顔、というより美しい顔(女医さん)でさらりとおっしゃってました。
確かに、「ワン」とも「キャン」とも聞こえてこなかったわ・・・。

f0076260_1683020.jpg


毛を抜いて3日くらいは調子よかったんだけど、毛はすぐにはえてくるもので(涙)
日に日にしょぼしょぼした目になってきてます。

「あ、生えてきてる・・・」

ということで。
レーザーで永久脱毛することとします・・・。

また、全身麻酔。
また、出費。
どんどんビンボーになるよ・・・。


それから・・・。

これ、なーーーーーんだっ??!

f0076260_16122479.jpg


小さくてピントが、なかなか合わなかったのですが。

「歯」


歯、です。歯。



は??

リュックの上の右奥歯が、欠けました(涙)。
良く食べてるガムをかんでる最中に、自分で吐き出しました。

抜けた、じゃなく、欠けた。


歳、なんだね。歯も、もろくなってきてるんだね・・・。
週明け月曜日にもう一度病院に行くので、これも合わせて診てもらってきます。
奥歯って超大事だとおもうんだけど。。。
どうよ、リュックさん。。。
[PR]

by lutukutuku | 2016-12-15 16:18 | lucのお話
2016年 11月 29日
角膜が・・・。
リュックのウィンクは、やっぱりおかしいようでした。
病院に行く前に電話したら「犬がウィンクするということは、眼球が傷ついている証拠ですので、連れて来てください」と。

あら・・・。

車を飛ばしました。
途中、嵐山(あの有名な渡月橋付近)を通るのですけど、平日の午前なのにすごい渋滞。
もう、このルートで行くのはやめよう・・・。

f0076260_13353069.jpg

右目がちょっと緑色なの、わかりますか?
『角膜が傷いってたら緑色にそまるんですよ』って目薬をさしてもらったら、見事に緑・・・。
人間の眼科(凄い言い方。笑)でよく見る、ハンディの「眼をみる道具」でリュックの眼をみてもらっても、傷が見えます、と・・・。

術後、ちょっとエリザベスを取った時に、私たちの目が届いてない隙に、カットして鋭くなった爪でガリッとやっちゃったんでしょう、と・・・。

2週間、またもやエリザベス・・・。
1日4~5回、2種類の目薬をさして、さして、さして・・・。

2週間後の昨日、「治りましたよ」と診断を受けました~~~!

f0076260_13431532.jpg

エリザベスカラーにすっかり慣れたリュックは、自力でコタツに入って寝てるから、すごいわ。
たくましい・・・。

ズリズリッと引きずり出してきても、動じず。
f0076260_13444451.jpg
SAOも眠いよ~~~。


瞼の傷もすっかり治りました。
糸も溶ける糸だから、抜糸もなし。
アイラインが、これだけなくなりました。(指はパパさん)
f0076260_13511850.jpg

移植した皮膚の毛が眼球に向かって伸びてきて、眼球に影響が出てくるようなら、毛が生えてこないようにレーザーで毛穴を焼きましょうと、言われています。
人間でいう、永久脱毛だそうで。

犬に、永久脱毛・・・。
そんなことも、できるんですね・・・。
[PR]

by lutukutuku | 2016-11-29 13:55 | lucのお話
2016年 11月 15日
眼帯?
病理検査の結果が出ました。
マイボーム腺炎ではなく、マイボーム腺腫でした。完全に切除出来ていて、腫瘍は「良性」でした。
術後1週間後の診察では、問題ナシ。
眼の腫れも引いてきていて、エリザベスもはずしていました。


が、それがいけなかったのか・・・。
エリザベスをもう少し付けておくべきだったのか・・・。

術後の眼が、すごくしんどそう。
知らない間に、目を自分でこすっていたのか?

ヒトが涙をポロポロ流すように大粒の涙が、しょっちゅう流れてます。
術後も涙が流れてましたが、多くなってきたように思います。
あわてて、エリザベスを付けることに。
f0076260_22524949.jpg

エリザベスの上から、掻こう、掻こうとしてます。

しばらく様子を見てたけど・・・。

犬って、ウィンクしましたっけ??
f0076260_22552967.jpg

いやいや、あきらか、眼がおかしい。

移植した皮膚がひきつれているのか
単純に傷口が痒いのか
何か炎症をおこしているのか
普通の毛の生えてる皮膚をひっぱって移植したから、毛が目に突き刺さっているのか
f0076260_22573366.jpg

常に片目をショボショボしてて、涙をポロポロ流してて、顔の右側は常にべちょべちょに濡れてる状態。


もう、見るに見かねて・・・。
f0076260_22595116.jpg

眼を保護してあげたほうがいいように思って、ガーゼをあてました。

最初は嫌がったけど、慣れると眼を触ろうとする仕草がなくなりました。
涙もガーゼが吸収してくれるしね。

f0076260_2324422.jpg

ガーゼをあててから、落ち着いた様子。

明日、SAOの午後診の仕事が終わったら、もう一度病院に行ってきます。
[PR]

by lutukutuku | 2016-11-15 23:06 | lucのお話
2016年 11月 08日
術後 その後
もうね、邪魔でしょうがない。
何がって、エリザベスカラーが。

ヤツは慣れたのか、どこにあたってもたくましくグイグイ進むものだから。
痛いのよ。私に当たって。
残念ながら、コタツの中には、自分で入れませんよ~~~。

f0076260_14541034.jpg


皮膚移植をした瞼は、腫れがすこしずつ引いてきています。
涙を流すことも少なくなってきました。
あんなに毎日たくさん出ていた目やにも、出なくなりました。
目やにで涙やけしてたけど、改善されるといいな。
[PR]

by lutukutuku | 2016-11-08 15:12 | lucのお話
2016年 11月 05日
術後
結構簡単に考えていた手術。

かかりつけ医、かかりつけ医に紹介された獣医さん、自分で探して診察を受けた大阪の獣医さん、
そして、今回お世話になった、「右京動物病院」の先生。

かかりつけ医は「取った方がいいよ。でもうちでは手術はしてないし・・・」
紹介を受けた獣医さんは「急いで取らないで、置いといたら?悪いものじゃないし」
大阪の眼専門の獣医さんは「モノが大きいから早めに取ったほうがいいよ。角膜はまだ傷ついてないから。5分くらいの手術だし。でも、うちでは歯石取りとかは、できないんですよ。眼の専門なので。爪切りくらいならしますけど」

ううん、これを機に歯石取りもしたかったの。

というわけで、京都は太秦にある「右京動物病院」を探し当てて、お願いすることに。
それがとても、いい病院で・・・(涙)

f0076260_2155026.jpg

そう、簡単に考えていた手術でしたが。
想像以上に腫瘍は大きかったようで、当初予定していた術式(ケーキカットのようにⅤに皮膚を切り取る)で行うと、縫い合わせたら切り取りが大きすぎて目の形が明らか崩れてしまうようで。
上まぶた(上眼瞼)は下まぶたの半分の大きさになってしまうとのこと。

で、急遽術式を変えて。
素人目には、大手術。

本来の瞼がなくなったけど、いいよね。
まつ毛、生えなくなりますけど・・・。
アイライン、なくなったけど。
毛がもしゃもしゃあるし・・・。



そして、そして。
兼ねてから悩んでいた、爪!!
伸びに伸びてて、血管も神経も伸びてるものだから、いつか全身麻酔をすることになったら爪切りをしたいと思ってました。

f0076260_2241399.jpg

短っ!!
この長さにしたかった!!

以前、ブリーダーさんに「犬の爪はこれくらい」って言われてたのです。
その時にはもう既に、爪は釣り針のように弧を描いて伸びきってました。
弧を描くことが、伸びてる証拠なんだとか。

これ、維持できるかなぁ(ドキドキ)


念願の歯石取りも出来て、真っ白!

更に。
イボも、全部レーザーで取ってもらいました。

更に更に。

レントゲンの結果。
「異常なし!!」

ヘルニアではありませんでした。
脊椎の並びも股関節、膝関節も、筋肉の付き方のバランスも、内臓も、問題ナシ。

じゃぁ、なんで「パタン」と倒れて、立ち上がれなくなるのか?
もちろん、脊椎の中まではレントゲンでは診て取れないし、神経はレントゲンには映らないから、詳しくはわからないのだけど、画像診断上では所見なし。

血液検査も、問題ナシ。

私的には、ここまで分かっただけでも、十分です。
今後、症状が現れたらすぐに連れてきますので!


術後のリュックは、見た目が痛々しいけど、意外に元気。
モリモリ食べます。
でも、やっぱり手術した方の眼は常に泣いてるし、寝てても綺麗に瞼がまだ閉じないです。
腫れが引くまで、日にち薬かな。

切り取った腫瘍は獣医さんの薦めもあって、病理検査に出してます。
黒いから気になりますと言われたので、お願いしました。
どんな結果でも、受け入れる覚悟・・・。
[PR]

by lutukutuku | 2016-11-05 22:23 | lucのお話
2016年 10月 03日
ウィスキーはお好きでしょう?
あら、いらっしゃいませ。

f0076260_22503521.jpg
あなた、今日は何にする?


ウィスキーと唐揚?



そうねぇ、今から揚げるから少し待ってね。

f0076260_22513320.jpg
そちらのあなたは、何をご希望?


えぇ、谷中ショウガね。
お味噌で食べるのが、一番よ。

f0076260_22524992.jpg
一番端の黒い子は、新入りなの。

あまり、いじめないでちょうだいね。
机の上に乗っちゃって、ごめんなさいね。




あら、もうお帰り?
たいしたおもてなしも出来なくて、ごめんなさいね。
またいらしてね。


f0076260_22543276.jpg

さっ、帰るわよ!
[PR]

by lutukutuku | 2016-10-03 22:55 | lucのお話
2016年 09月 14日
おやおや???


違和感を覚えてリュックの上眼瞼をひっくり返してみたら。



瞼の裏側に、黒いやや大きなできものが。

普段はモサモサの毛で覆われれるからわかりにくいけど、よくよく見れば瞼がポコンとコブが出来てる。


パパ「見なかったことにしようか」・・・・・・・・・・・おいおい!
SAO「気付かなかった、ということで」・・・・・・・・・・・こらこら!!

という訳にもいかず、ドキドキしながら獣医さんへ。

f0076260_9222822.jpg

マイボーム腺炎。

人間でいう、ものもらい。
関西でいう、目いぼ。


だいぶと胸をなでおろしましたが、デキモノが固まってしまってて取ることが出来ませんでした。
普通なら綿棒で中身を押し出したり、針でつついてニュッと出すんだけど、どれをやっても中身は出ない。

目が専門の獣医さんにも診て頂きましたが、ここまで固まってしまったら手術で取るしかないらしい。
幸い、炎症がおきているわけでもなく、リュックが気にしていたり痛がったりしていないので、様子を見たら?と言われました。

放っておいても消滅はしなく、大きくなる可能性もあるから、取る判断も一つです、と。


さて、どうするか・・・。



そして、今日のリュック。
また、倒れました。

何で~?
今度は、何をしたん~?

どうやら後ろ足が痛いよう。
どこかから飛び降りた? グキッていってしまった??
f0076260_9293695.jpg
痛そうなのは可愛そう。
痛み止めの薬飲む?
今週末から、うっきうきの旅行ですけどアナタ・・・。
大人しいから楽なんだけど、そういう問題でもないか・・・。
[PR]

by lutukutuku | 2016-09-14 09:32 | lucのお話
2016年 03月 13日
その後のリュック2
リュックの調子も、元に戻りました。元気いっぱい。

病院で尿検査をしました。
気になってた「糖」も問題ナシ。
尿中に結晶も出来ていなくて、尿路結石の心配もない。

もう一度丹念に心臓を音を聞いても、問題は見当たらない。


いろいろと先生と相談した結果、しばらく様子をみましょうとなりました。
きっと、脱臼が原因だろうし、問題を解決するには手術しかないし・・・。
急いで手術をするほどの悪化は見られないし、痛みが出たときに対処していくことに。


そして、昨日・・・。


今度は左前足を、脱臼・・・。
また、パタンと倒れる・・・。



え、、、

脱臼するのは、後ろ右足じゃなかったっけ???




原因はいくつか考えられるんだけど、その一つに「フローリング」ではないのかと。
すべるんだよね。

しょっちゅう滑るのが気になっていたし、最近のリュックはなるべくラグが敷いてある場所しか行かないようになってたしね。

痛そうな顔して耐えてるリュックを見てると、やっぱりね・・・。
f0076260_22343093.jpg
フローリングにタイルカーペットを敷く決断。

もっと早くに、敷いてあげればよかったね。
f0076260_22374651.jpg
このリュックは、まだ痛みに耐えてる顔。

痛み止めの薬が早く効いたらいいね。



そして、今日。

朝から、超元気。
散歩も走り回り、庭でも走り回り、いつも通り。

ひとまず、ホッと一安心・・・。




さてさて。
リフォームの年はまだ健在で。
f0076260_2243895.jpg
とうとう、最大のアレをすることに!!

f0076260_22441344.jpg
大阪のWALPAにも、行ってきました!
ここは、輸入壁紙専門のお店。


うふふふ・・・。
[PR]

by lutukutuku | 2016-03-13 22:47 | lucのお話
2016年 03月 01日
その後のリュック1
しばらく様子を見てましたが、痛み止めの薬をのんでしばらくしてから、まぁピンピン!!
走るわ、体ブルブルするわ、顔つき元気だわ。

んんんんん~~~ってことは、どこかが何かしら痛かったのでしょうか?
こういう時、しゃべれたらね~~。
志村動物園の、あの動物と話せる外国人の女性に、なりたいもんです。

f0076260_1255331.jpg
寝姿も、まぁリラックス。

痛み止めの内服薬を6日間処方されていたんだけど、痛み止めを飲まなくなったらまた「パタン」と倒れるのかしら?
と思って、月曜日から内服を止めてみました。

火曜日の午後に病院に行く予定をしてるから、もしまた症状が出るなら病院に行く日にと思って。


今のところ、内服しなくても全く様子は変わらず。
元気じゃん。
痛くないの?
f0076260_12582280.jpg
どれほどの痛みだったのか??
実は、ほ~~んのちょっぴり「あ、痛い?」程度の痛みだったとか
実は、結構本気で痛かったとか


とにもかくにも、今のところ元気なのであればいいのですが。
原因追究するべきなのかどうか、悩みます。が、レントゲン撮ってもわからないのかなぁ。
先生と相談してきます。




話は変わり。


双子はサッカー少年なのですが、先日の日曜日に交流試合がありました。
うちのサッカークラブは、「1、2年生の間は基礎をしっかりと固めたいから試合はしません」という方針なので、ずっと近所の小学校のグラウンドで練習をしていました。

で、やっとやっと練習試合を組んでもらえるようになり、みんな超大喜び。

だけど(笑)
試合経験がないものだから、ポジションって言われても分かるわけもなく。
そのポジションもまだ固定されてないから、トップやったり、サイドバックやったり、キーパーやったりとで
自分がどんな仕事をするべきかもわからず(笑)

生まれて初めての試合は、まぁガッチガチだったんだけどね。
先日の日曜日の試合は、生まれて2回目の試合だったんだけどね。

2回目なのに、成長してました!
試合に、なってました!!(笑)
f0076260_1394162.jpg

8人制15分ハーフで、ほぼぶっ続けで4試合。
子供は元気だね~(そこ?)。
[PR]

by lutukutuku | 2016-03-01 13:20 | lucのお話
2016年 02月 25日
なぜ?
それは、突然起こりました。


前日は元気にしていたのに、朝起きて「ごはんだよ~」と呼んだら。

ヨタヨタヨタ・・・

一口、二口食べて



バタン・・・!



リュックがリビングのフローリングに倒れこみました。
それから、全く動かず。

目は、元気そう。上下左右に眼球がふれてるわけでもなく。瞳孔に異常も見られず。
体をさするも、倒れている以外の異常もなく。


どうした??!


抱きかかえて立たせてみると、立つんだけど、体は小刻みに震えていて。
背中をまる~く丸めて、硬直状態。

どこか痛い??

さすっても、関節を動かしても、「キャン」とも「ワン」とも言わず・・・。
3か月ほど前に「膝関節脱臼」の診断を受けているから、その影響?

失神してないし、泡をふいてないし、眼球は正常だし、てんかん発作のような所見はない。
少し時間がたったら、2~3歩歩けるようになりました。
それでも歩き方はおかしいし、体を支えられていない状態。

かかりつけの動物病院が、こんな時に限って休診日!!
車を走らせて大きな病院に行くのか、近くの別の病院に行くのか迷いに迷った挙句、
一日様子を見ることに。
命に別状はないだろう、と判断。


子供は、泣きながら学校へ登校。泣くなー!
SAOも後ろ髪ひかれながら、仕事へ。行きたくないー!!
幸い、MA君が休みでよかった!!


そんなリュックは心配もよそに、徐々に回復傾向へ。
明らかに歩き姿はおかしいけれど、夜には走れるほどに。
なぜ???
今朝の倒れこみは、何やったん?

ただ、犬特有の体をブルブルッと震わす行為が出来ない様子。
体を濡らした時に水滴を飛ばしたりする、あのブルブルね。
それが出来ないってことは、関節? どこか痛めてる???


そして、今日。
今朝も昨日と全く同じ状態に。
ご飯も食べず、硬直して、床に倒れこみ・・・。

しばらくして立たせてみても、こんな状態。
f0076260_14121365.jpg

大好きな大好きなパンを少し上げても、ペッと吐き出して食べない始末。

パンを食べないなんてっ!!
空から槍が降るほどの仰天行為!!

9時からの診察にかけこんで、先生に助けを求めてきました。
待合室でも、私の膝に丸くなって大人しく大人しくしてるリュック。(あり得へん)
待合室で出会った8歳のパグにあいさつされて、震えて固まるリュック。(あり得へん)
待合室でノーリードで床に降ろしても、歩き回らずじっとしてるリュック。(あり得へん)
待合室で「大人しいワンちゃんですね~」って言われるリュック。(絶対あり得へんっ)


先生に事情を説明して、先生の顔色も変わり、まずは心電図を取るも、正常範囲。
やや不整脈があるけど、異常ではないと言い切られました。
触診なども、異常はないとのこと。
血液検査をしたのですが、これも正常範囲。
CRP(炎症反応)も正常。
腎臓、肝臓も正常。
そもそも、CRPが正常なのよねぇ。

若干、血糖値が高め。糖尿病の「け」があるかも?と、言われました。
まさかの、糖尿病!?
でも太ってないし、おやつもあげてないし・・・。
糖尿でふらつき、失神はあるけど、それをさせるほどの数値ではないから、糖尿のせいではないらしい。

あと、考えられるのは、頭。


脳の影響???


先生と症状やら検査結果を照らし合わせてみると、一番考えられるのは、体のどこかが痛いのかも。
痛みがあって、背中を丸ませているんだろう、と。
リュックは怖がりだし、たいそうだし、大げさだし・・・。


あり得る・・・。
凄く、あり得る・・・。


1週間、抗炎症鎮痛剤を処方してもらい、様子をみることになりました。
それでも、毎朝症状が出るならMRIを取りましょう、と。
f0076260_14285791.jpg

家に帰ったら、おかしいながらも普通に歩いてる。ブルブルは出来ないけど。
寝起きは、腰が痛いの??

しばらく、様子を見てみます・・・。
吠えない、大人しいリュック、不謹慎だけど。。。新鮮だわ。。。
[PR]

by lutukutuku | 2016-02-25 14:37 | lucのお話