<   2006年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2006年 10月 29日
2日連続、コンサート。
先日、オーケストラのコンサートに兵庫県立芸術文化センターまで、母と一緒に行って来ました。
それも、「のだめコンサート」。
f0076260_11571274.jpg
ドラマ化されて月9で放送中ですが、もとはマンガ。
そして、このマンガが好きな私。
クラシックマンガで、結構ギャグマンガで、ツボにはいっちゃってます。

何より、大好きな「ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番」を生で聴けるなんて、嬉しいじゃないかっ!
第一楽章だけだったけど、十分ですっ!

コンサートには、結構若い素敵な女性が沢山聴きに来られてて、客席も華やかでした。
もちろん、満員御礼。
オーボエの音色もぐっときたし、ピアノの音が丸くて優しくて、うっとりしました。
どうやったら、あんな音色でピアノが弾けるんだろう。

翌日は、MA君と一緒に、渡辺美里のコンサートに行って来ました。
何を隠そう、私は小学生の頃からの渡辺美里ファン。
最近は、CDが出てもCDを買わずにレンタルとかしちゃってるけど(それって、本当にファン?)、コンサートには何かと足を運んでいます。

だってね。
京都の下鴨神社の境内で、「世界文化遺産 コンサート」だったんですよっ!
下鴨神社は、本宮に行くまでに長い長い森を歩いていくのです。
この森は「糺の森(ただすの森)」と言うのですが、夜だとこんな感じ。
f0076260_1282047.jpg
森なんだけど、狭い京都ですから、すぐ横は普通に民家。
この糺の森でライブをするんだから、どんなことをするんだろうか。

そんな心配をよそに、ライブは大音量。聴いてるこっちが「本当にそんなにドラムをバンバン叩いていいの? マイクの音量、そんなに大きくていいの?」って心配しちゃう。
前の方の真ん中の席だったのでばっちり見れたし、一緒に歌えたし、さすが雰囲気も良くって、屋外だったから寒かったけど大満足なコンサートでした。
f0076260_1213306.jpg
コンサートが終わってから後ろの方からパシャリ。
しまった、もっと近くで撮ればよかった・・・。

エネルギーを補充できたので、しばらく頑張れそうです。
素敵な時間を過ごす贅沢も、しなくちゃね。

「しばらくって、どれくらいですか?」by LUC
[PR]

by lutukutuku | 2006-10-29 12:33 | SAOのお話
2006年 10月 27日
地元のお祭り。
この地に住みだして、もう26年。
学生の頃は、「京都市内に住むぞ!」だの、「神戸に住むぞ!」だの、「東京というところに住んでみたい!」だの、はては「フランスやイギリスに住むぞ!」と妄想していましたが、それはやはり妄想。
この地から離れることは出来そうにもありません。

そんな、我が市のお祭りは未だかつて見たことがありませんでした。
「地元の祭りに行っても、しょうもないしなぁ。混むだけやし、行かへん」って、これまた学生の頃から思っていましたが、ついに今年、地元の祭りデビューを致しました。
f0076260_14341816.jpg
なんと、行ってみてビックリ。
意外に、大々的にやってるじゃないかっ(失礼です)。
鉾が出てるとは知ってたけど、こうやって観光気分でみるのは初めて!
鉾に乗ってる男の子のお囃子が、ちょっぴり(かなり?)恥ずかしそうで、シャイなお囃子だったけれど、それはご愛嬌(笑)

友人と、鉾を見ては(自ら)お神酒を頂き、お神酒の味比べなんぞをしてみたり、お茶席が設けてあれば、(自ら進んで)お茶席に座ってみたり。
どこ行っても、花より団子かよっ!

そもそも。
なぜ今年に限ってお祭りに行ったかと言うと、理由がありまする。
先月から習ってる華道の先生のおうちが、この祭りが行われている場所にありまして(つまり、旧家)、おうちを開放して、ギャラリーを開いているのです。
f0076260_14405886.jpg
そのギャラリーのお手伝いを友人としていました。
ご案内したり、芳名帳を書いてもらったり、ご挨拶したり。
でも、本当は、先生のお宅で出されたご飯や、お寿司や、お饅頭を食べてばっかり(笑)
そのギャラリーで華展も開いていて、私もお華を活けさせて頂きましたのです~。
f0076260_14453291.jpg
芭蕉・極楽蝶花・ソリダコ・キウイのツル(白くペイント)。
お客さんに「芭蕉の葉は、バナナの葉と一緒?」と聞かれて、「たぶん、違うと思うんですけど・・・」とあいまいな答えしか言えなかった私。
確かに、沖縄で芭蕉もバナナの葉も見てきてたのに、違いがわからない。
違いますよね・・・?(誰に聞いてるんだっ)
[PR]

by lutukutuku | 2006-10-27 14:54 | SAOのお話
2006年 10月 23日
栗の甘露煮
栗をたくさん頂いたので、栗の甘露煮を作りました。
くちなしが家になかったから、それはナシで・・・。
f0076260_12443626.jpg
う~ん、絶品♪
冷凍がきくので、嬉しい限りです。

栗を煮ているあいだにくずれて細かくなってしまった栗が結構あったので、急遽、マロンクリームを作りました。
甘露煮を裏ごしして、牛乳と生クリームを加えただけ。

ペロリ。
うまいっっっ!

で、迷いました。モンブランを作るか、マロンケーキを作るか、何を作るか・・・。
でもなぁ。
ケーキ類を作るとなると、ただでさえ甘露煮の糖分の上に、ケーキの糖分・・・ですか。
辛いわ、辛すぎます。お腹の脂肪が・・・。
これ以上増やす必要は、全くございません。

ですので、コレを作ってみました。
f0076260_12501089.jpg
マロンパン♪
イメージとは全く違う出来上がりでした。さすが、素人(笑)
もっと、ふっくらするイメージだったんだけど、なんでクリスピーっぽいのだろうか。
パンは、奥が深い・・・。
f0076260_12571146.jpg
マロンパンだけじゃパン生地が余ったので、タマゴパンも作りました。
これも、イメージとかけ離れすぎ・・・。

「パンの部分だけでも、ちょっと、下さいな。ちょっと、ちょっとだけでも・・・」by LUC
「やだ。あげない」by MA
[PR]

by lutukutuku | 2006-10-23 13:02 | SAOのお話
2006年 10月 20日
臭います。
LUCが、臭い。

シャンプーは、最近こまめにしているのに。
獣臭ではない匂いだけど、くさい。
LUCに顔を近づけたくないと思える程の、この臭いは何じゃろか。

きっかけは、LUCを芝生で放牧してからこっちなのです。
もう一週間も前のことなのに・・・。
もしや、芝生の上で背中をゴロゴロこすって遊んでたのは、もしかして、その下にミミズがいたのかしら。
とはいえ、それから2度ほど(2~3日に一回)シャンプーしてるのに、まだ臭うよっ。

というわけで。
おとついもシャンプーしたのに、今夜もシャンプー(しないと、くさい)。
シャンプーが苦手なLUCは、洗い終わってタオルドライするときは、大人しくできません・・・。
f0076260_2224668.jpg

f0076260_2245233.jpg

f0076260_225119.jpg
上がってからの最初の3分はこんな感じ。
手が付けられませんが、3分経つと、不思議と落ち着きます。
一説によると、自分のにおいをつけようとしている本能らしいのですが、やめて欲しい・・・。


カレーパンを、作りました。
f0076260_22103791.jpg
初めて作ったにしては、旨いじゃーん(びっくり)。
うんうん、十分食べれるわ♪
というのも、パン生地は以前作り置きしていた、ピザ生地なのです。冷凍庫で眠ってました。
ピザ生地を伸ばして、ドライカレーを包んで、発酵させて、油で揚げました。
病み付きになっちゃうっ。
[PR]

by lutukutuku | 2006-10-20 22:16 | lucのお話
2006年 10月 17日
おかゆの作り方、教えて~。
京都高島屋が若干リニューアルしましたので、市内に用事があったついでに行って来ました。
そう、やっと糖朝が京都にOPENしたんです。
私もMA君も、糖朝のお粥の大ファン。いくらでも、食べれちゃうっ。
f0076260_1801884.jpg
う~ん、コレコレ! この味!!
どうやったら、こんなにおいしいお粥がつくれるのでしょう。
とろとろで、しっかり味はついてるし。
こんなお粥の作り方、誰か教えてください・・・。ご飯粒の形がないってことは、ミキサーでお米をつぶしてから炊くのかしら???
ひたすら、ひたすら、コトコト炊き続けるのかしら???

f0076260_182359.jpg
糖朝といえば、やっぱりマンゴープリン♪♪♪
いっぱいスイーツはありましたが、定番のマンゴープリンのみをオーダーしました。
おいし~~~い!

そして。
今夜の我が家のご飯は、コレ・・・。
f0076260_1832916.jpg
庶民の味方、マツタケご飯の素!!(釜飯ってなってますよ?)
本物のマツタケ、食べたいわ・・・。
スーパーで2千円も出せば食べれるのですが、ダメダメ!
車の修理代もいったし、節約するのですっ。
[PR]

by lutukutuku | 2006-10-17 18:13 | SAOのお話
2006年 10月 16日
そして、恐怖は訪れた(大げさ)。
陽も沈みかけた頃、みなさんとサヨナラして「さぁ、家路に戻りましょう」と車を走らせてた時に、突然訪れました。
車が異音を発したのです。
「ガラガコガコ ギュルルルッ バキバキ キュイーンキィーン」
何々?! 音的には空き缶を何かに巻き込んだ感じなんだけど、何の音っすか?!
幸い、目の前にローソンを発見したので、変な音を鳴らしながらローソンの駐車場へ。

「何の音?」「何かを巻き込んだ?!」
そう思って、夫婦二人で地べたにしゃがみこんで下回りを見てみるものの、異常は見当たらず。
ボンネットを開けてエンジンを回してみると、これまた凄い異音が「ギュルギュル」と。
車の故障?!
でも、エラーランプはついてないし!

陽もどっぷり沈み暗くなってたので、携帯のライトでボンネットの中を見てみると、おやおや?!
ベルトが切れ掛かってるじゃないですかっ。
つまり・・・。
バッテリーを充電するためのベルトが切れ掛かっているらしい。
このまま走らせると、確実にベルトが切れる。
走行中にベルトが切れたら、後はバッテリーの容量だけで車は動くことになる。
当然、バッテリーが切れたら車も動かなくなる。
そして、ココは大阪府。ディーラーがどこにあるのかも、あったとしても家までの足もないし、LUCも乗ってるし…。

さて。
ローソンの地点から家まで20km弱あります。しかも、大阪と京都の県境なので、まさしく山道なのです。峠です。うねうねの山道で、街頭もない箇所もあるし、ヘアピンカーブも普通にあります。
JAFに入っているとはいえ、レッカー移動するとなると、一体いくら追加料金を取られるのだ?!
そこで、MA君が下した結論は、「行ける所まで、行ってしまおう!!」でした。
くだんのベルトは、ローソンの駐車場を出た辺りで、完全に切れてしまいました。
うぉっと、バッテリーだけが、頼りだぜぃっ。
でも、軽自動車のバッテリーってどれだけもつんだろうか。MA君の車で来れば良かったか(もう、遅い)。

バッテリー節約のために、山道なのに! 街灯もないのに! なんと、完全無灯火!! スモールライトすら消して、エアコン切って、カーオーディオなんかも全て消して。
幸い私の車の前に何台か車が連なっていたので、その車達が道しるべをしてくれていました。
でも、普通あり得ないですよね・・・。
すばらしい山道なのに、ライトを全くつけてないなんて。
警察につかまったら、確実に切符を切られますよ。

あまり回転数を上げないようにして、どれくらいもつのか全くわからないバッテリーの容量を頼りに、山道を進む私たち。
もし、山道でプスンと車が止まったら、他車に大迷惑・・・(汗)
だって、クネクネの山道で一台止まるだけで、行き違い出来ないし、離合場所もあまりないし、こんな道でのレッカー移動なんて、あり得ないし!!!
頼むっ、バッテリーよ、なんとか地元までもってくれぃぃぃぃぃぃっ!!
ハンドルを握るMA君も運転に超必死。
助手席の私も、めっちゃ緊張。
後部座席でクレートの中のLUCも、緊張している鳴き方をしています(わかってるの?)。
対向車のライトで目がチカチカしてくるので、何度かライトをつけたり、消したりしながら運転している、傍目には超アヤシイ我が車。
きっと、私の前の車は嫌だろうなぁ。
山道でライトをつけてない車が後ろに着かれたら、どう考えてもおかしいもの。

手に汗握りながら、無事(!!)山道を抜けて、地元に入ったあたりで、なんだかバッテリーも残り少ない感じに。
ベルトが切れた時点で点いた3個のエラーランプも、電源を切っても点いてたカーオーディオの時計も、色が薄くなってる・・・。
時々つけてたライトも、明るくすらない・・・。
あわててディーラーに電話したら、まだあいてました!
ここまで来れば、レッカー移動しても大丈夫だっ。しかし、なんとかディーラーまでバッテリーよもってくれ~~~。

願い通じて、かろうじてディーラーまで運転していくことが出来ました。
そのときの、安堵ったらありません!
ひやひやしました!!
車をディーラーに預けて、私の母に迎えに来てもらい、何とかやっと家に帰ってくることが出来ました。
そして、今の恐怖は、どれだけの請求が来るのかしら・・・。
f0076260_11433162.jpg
画像もない長文で、失礼しました・・・(ぺこり)。
[PR]

by lutukutuku | 2006-10-16 11:50 | SAOのお話
2006年 10月 15日
ドッグランと、仔犬と、その後の恐怖。
ドッグランに、行って来ました。お天気も良くって、行楽日和!
ペル母さんと、ゆりなさんと、現地で待ち合わせをしておりました。
遅れてくる私と、ペル母さん・・・。ゆりなさん、お待たせしましたっ!

いつも通りノーリードで遊ばせると、LUCは知らないおじさんと、おじさんの飼い犬のワンとずっと遊んでいます。誰? そのおじさんは?!
ええ、おじさんの手には、ピーピー鳴るおもちゃが。
ええ、LUCは3度の飯より、鳴り物のおもちゃが好き。
ええ、簡単に誘拐できますし、手なずけられます。
おじさんの投げたおもちゃを、LUCがキャッチして一人で鳴らしながら遊んでる・・・。
あなた! それはあなたのおもちゃじゃないのですよっ!!
f0076260_10171638.jpg
ふと横を見れば、ハナコちゃんとペルノ君が仲良く仲良く、追いかけっこ。
わ~、ハードな追いかけっこだわぁ~(笑)
凄い勢いで追っかけてます、ハナコちゃんがっ!!
逃げるペルノ君に、ワンワンと追いかけるハナコちゃん。途中、あまりの自分のスピードに前のめりになって転がるハナコちゃんでしたが、それでもめげずに、ペルノ君を追いかけてます。
すっごい楽しそうっっっ♪
そこをいくと、シェリー君はさすが9歳の貫禄でのっしのっしと優雅に一人でお散歩中。
うーん、落ちついとる!
f0076260_1019115.jpg
ドッグランをあとにして、すぐ横で開催されていた「手作り市」を見に行くことに。
ペル母さんに4ワン’sを託してみると、あっという間におおわらわ・・・。
その間に、ゆりなさんちのお嬢ちゃんがポニーに乗ったり、なんとシェリー君の兄弟が見つかったり(9年目にして、やっと!)、とても楽しいランでございましたっ。

その後は・・・。
むふふ、ゆりなさんちにおじゃまして、2日前に生まれたばかりのシュナの赤ちゃんを見せてもらうことに!
きゃーーー、ちいちゃいっっっ。
f0076260_10234183.jpg
触らせてもらいました♪
生まれたてのシュナって、こんなに小さいのですねっ。生命の誕生に、私もMA君もペル母さんも、小声で大興奮(本当に小声だったか?!)。
「どのワンが欲しいですか?」と悪魔のささやきとも、天使のささやきともとれる発言を、ゆりなさんのご主人がおっしゃり、私もMA君も、一瞬ニヤリ・・・。
はっ、いけませんっっっ。せめて、LUCが落ち着かないと2匹目は厳しいですっ。

リビングに、ハナコちゃん・ベルちゃん・シェリー君・ペルノ君・LUC、そしてダルメシアンのビビちゃんも加わり、犬だらけ! 
なんて、幸せな光景なんでしょうっ。ゆりなさんお手製の美味しいクッキーもよばれちゃいました♪

ゆりなさん、ご主人、3人のお嬢さん、お邪魔しましたっ。またうちにも遊びに来てね♪
そして6時過ぎにゆりなさんちを後にして、一路自宅へ。
そう、恐怖が待ち受けているとも知らずに・・・。

長くなるので、続きは、明日・・・。
[PR]

by lutukutuku | 2006-10-15 10:50 | lucのお話
2006年 10月 11日
合成写真・・・。
ちまさんから頂いていたデニムジーンズが、ちょっとLUCには大きかったので、ちくちくとお直しをしてLUCサイズにしました。
持ってたGジャンと合わせて。
お帽子も、ちまさんから頂きました。
うーん、ちまさんから一杯もらってるわ、私。
今度、ババンと愛と一緒にお返しします♪

で、昨日写真を撮ったのですが、あぁ、ダメだ。バック(背景)が、なんとも生活じみてる・・・。
この背景をブログに載せるには忍びない。
と、いうことで。
合成してみました。
f0076260_164434100.jpg
あまりに、バックと合わなかったので(いい写真がなかったのですよ…)、仕方なく切り取ったLUCを重ねてみました。
う・・・、微妙。というより、気持ち悪い?!
合成先の画像が沖縄の海だからおかしいのかしら。
でも、せめて沖縄の海にLUCがいる感じにしてみようと思ったのですけれど、ねぇ…。
許せ、LUC。

では、LUCを小さくして・・・。
f0076260_1783241.jpg
おかしいって!!Σ( ̄□ ̄lll)



f0076260_17104895.jpg雨の日は、ゆっくりと、まったりとするに限ります。
刺繍がしたくなったので、図案を考えてみることにしました。
頂き物のシフォンケーキと、これまた頂き物の抹茶カプチーノと一緒に。
LUCは朝起きてからひたすら爆眠中。
しずかな午後のひと時です。

雨もあがったし、お散歩に行こうかLUC! 昨日からアナタ、オナラが破壊兵器並みに臭いのよ・・・。
[PR]

by lutukutuku | 2006-10-11 17:16 | lucのお話
2006年 10月 10日
パピーウォーカー。
私の住む市には、盲導犬センターがあります。
そう、映画「クィール」の舞台になりました。

スーパーで買い物をしていると、「お仕事中」というお洋服(?)を着て、訓練士さんと歩いているゴールデンやラブラドールを見かけます。
話しかけてはいけないのはわかってるんですが、つい「あの、よければ爪の垢を煎じて飲ませたいヤツがうちにいますので、いただけませんか?」と言いたくなっちゃう。
だめだめ。
そっと見守らなくては。

そんな盲導犬も、仔犬の頃はパピーウォーカーとなって、一般家庭で1歳まで育つのはみなさんご周知ですよね。
うちのご近所さんにも、パピーウォーカーのワンがいます。
そして、今週末には別のご近所さんの家にも新たにパピーウォーカーのワンが来るのです。
楽しみっ。

散歩に行こうとしたら、ご近所のパピーウォーカーに会いました。
仲良く、ご挨拶。
f0076260_123466.jpg
4ヶ月の女の子。
腕が太くって、これから益々大きくなるんだろうなぁ。
盲導犬センターの人から、「ワンを叱るときは、ワンの名前を呼んで叱ってはいけませんよ」と言われたけど、ついつい、名前を呼んで怒っちゃうのよ~って、言ってました。
そういやぁ、名前を呼んで怒っちゃいけないって、しつけ本に書いてあったなぁ~。

更に散歩を一緒に進めていくと、またまた別のパピーウォーカーのワンに出会いました。
この子も、4ヶ月。男の子でした。
f0076260_12193085.jpg

f0076260_12194022.jpg

f0076260_12195083.jpg

f0076260_12195919.jpg
相手にしてもらえないLUC、ぷぷぷー!
ぐるぐる周りを歩いて、様子を伺い、ちょっとワンと吠えてみたりもしつつも、仲間に入れてもらえず(笑)
パピーウォーカーの2ワンは、兄弟ではないけれど、とっても仲良しでこのじゃれあいぶり。
楽しそうに、ゴロゴロ転がりながら、噛みあって遊んでました。
ちょっと、迫力~。
聞くと、今盲導犬を増やしたいみたいで、パピーウォーカーを引き受けてくれる家を探しているらしいとのこと。
申し込んで1ヶ月もならないうちに、ワンが来たわよ~って言ってました(もちろん審査はありますが)。
うちは無理ですが、いい家庭に預けられることを願うばかり。
また一緒に遊ぼうね、今のうちにね、LUC♪
[PR]

by lutukutuku | 2006-10-10 12:34 | lucのお話
2006年 10月 06日
中秋の名月
そう、今宵は中秋の名月。
なのに、我が家は花より団子ならぬ、月より団子。
LUCの散歩のときにススキをMA君に取ってきてもらい、私はその間にせっせと団子作り。
f0076260_20425074.jpg
あずきのストックがあったので、つぶあんも作ってみました。
ちなみに。
この画像のお団子はLUC用なのです~。
小さめにお団子を作り、つぶあんもお砂糖を入れる前に取り分けました。
おいしいね、LUC♪

ですが、もちもちのお団子を喉につまらせたら一大事なので、あげるときは更に小さく切って、一つ一つあげました。量も、ほんの少しだけ。
犬は咀嚼しない生き物なのに、咀嚼します。くっちゃくっちゃと、美味しそうに食べてる!
「歯にひっつくのですよっ!」by LUC
あ、LUC用の残ったお団子は、ありがたく私とMA君の胃の中へ。

栗ご飯も、作りました。
ちょいと一手間くわえて、焼き栗にしてから炊飯器で炊くことに。
これぞ、焼き栗ご飯。
f0076260_20514544.jpg
皮を剥いた栗を、コンロであぶってから炊くだけです。
いつもとちょっと違った、栗ご飯になりました。香ばしくって、おいしい♪

そんな今宵は、お酒も必要♪
ええ、見るに見かねてMA君が買ってくれました、ぷぷぷっ。
f0076260_2115876.jpg
ちまさんのブログにでてた、千疋屋の銀座カクテル!
こっちには売ってないかなぁって思ったら、知らないだけでした。ちゃんと、お店にラインナップ。
いやぁ、あの悪酔いするマンゴー焼酎がこんなに出世しました。
出世するとわかったら、いろいろチャレンジしていくのも悪くないかしら。
ああ、MA君の限られてたお小遣いを狙うなんて、いけないわっ。
[PR]

by lutukutuku | 2006-10-06 21:09 | SAOのお話