<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2011年 06月 30日
有馬へ。
毎週木曜日は、休診日のため仕事はお休み。
平日に丸一日休みがあるのは、ありがたいことです。




さて。
何カ月も前にネットで購入した、有馬温泉の日帰り温泉施設の入浴チケット。
食事もついてて、あれやこれやもついててのチケットだったので、いつか行こうと2枚買ってました。
確か1月に買って、有効期限は7月1日。

ヤバイやばい。
期限切れになる前に、行かねばならぬっ。




ただ、最近体力の衰えを痛感しているSAO。
毎晩9時頃には、本当に力尽きる毎日。
思うように動けなくて、体が重くて重くて重くて。

元気なら全然いいんだけど、最近の疲れ具合は半端なくて、次の木曜日はゆっくりしたい~。
温泉に行っても、疲れるだけじゃん。
部屋でゆっくり、撮り貯めしてるドラマを見たいよ~。

とか思ってたけど、「行ったら行ったで、楽しいって。折角買ったチケットなんだし、行こうよ」と誘われ、単純なので「それもそうか」とコロっと考えを変えて、行って来ました。


有馬温泉の、日帰り温泉施設の、「太閤の湯」へ。


有馬温泉は初めて。
あの茶色く濁った湯に入りたかったから、嬉しい!(行きたくないとか言ってたくせに)
主人と二人で行ったから、「じゃぁね」と別れてから一人行動だったのが、良かったのかもしれない。
気楽に、自分のペースで、ボーーーーっと温泉につかることが出来ました。
岩盤浴も、一人でボーーーーーー。


何時に待ち合わせねと時間だけを決めてたんだけど、その待ち合わせ場所には、気になるものが!!

一度やってみたかった、ドクターフィッシュ!!!

もちろん、やりました♪
f0076260_228293.jpg
こそばっ!!!
こそばがりの私は、最初はたまらんかったです。
魚に「こちょこちょ」されてる感じだったんだけど、次第に慣れてくるものね~~~ぇ。
こちょこちょが、気持ちよくなってきました(ビックリ)。
f0076260_22105027.jpg
おもしろい。
足の角質をついばむって説明文にはあったんだけど、食べてるわけではないのよね?
とにもかくにも、なかなかに楽しい体験でした~。



温泉施設のあとは、ちょいとイオンに立ち寄りました。
LUCにお土産でもと、ペットショップに入ると、あらまぁ。
ワン友の、るーちんがいるじゃない!
f0076260_22182363.jpg
このわんちゃん、ルーク君だよね~。
るーちん、久しぶり~。
しばらく会ってないね~。
元気にしてる~?
ブログで毎日のように会ってはいるんだけど(^^)

来年のいい季節になったら、LUC連れで会えたらいいな~~~(それはLUCと双子次第)。
[PR]

by lutukutuku | 2011-06-30 22:25 | SAOのお話
2011年 06月 26日
バラ園へ。
少し前の日曜日、天気も良かった(曇り空)のでバラ園に行って来ました。
岐阜県にある、大きな大きなバラ園。
まだ高速道路週末1,000円期間内だったので、高速飛ばして日帰りでビューンと。

f0076260_1195486.jpg
沢山の、見たこともないバラが沢山あって、そしてもちろんバラのいい香り。

ターシャの庭も健在で、マネしたいところがいっぱい!
我が家の庭とは雲泥の差だわぁ~。
でもきっと、ものぐさな私は手入れしきれないだろうな(汗)



花より団子も健在で、バラのソフトクリームも食べました。
f0076260_1115572.jpg
なんか、贅沢なソフトクリーム。
バラを見ながら食べるって、いいね!



心奪われたバラがいくつかあったのですが、その中でもこれは苗を入手したい!と思ったバラが、これ。
f0076260_11221874.jpg

スパークリング スカーレットというんだそう。

フェンスに這わせたら、綺麗なんだろうなぁ~。
どこかに売ってるんだろうか。
大苗で売ってたらいいんだけど。



帰りは久しぶりに家族で外食して、目も心も、胃袋も満足満足♪♪♪
[PR]

by lutukutuku | 2011-06-26 11:30 | SAOのお話
2011年 06月 24日
田舎の子。
SAOの実家の周りには、田畑がたくさんありまして。もちろん盆地だから、山は近い。
そこだけを切り取ると、どんな山奥の・どんな僻地の・どんな田舎なんじゃい!となりますが、一歩出るとそんな感じ。

れっきとした専業農家(兵庫県出身)の娘である母は、1年ほど前から知り合いの人から畑を借りています。
母が好きに自由に出来るのは、縦2畝。
お友達と一緒に借りてるからたったの2畝だけど、一人で畑の守りをするにはいいぐらいらしい。


その母が、うちの双子が喜ぶだろうと、この春苺を作ってくれました~。
収穫時期は、もちろん路地栽培だから5月と遅め。
今ではすっかり無くなったけど、双子専用の苺狩り園はハチャメチャに楽しかった!
f0076260_23184877.jpg
収穫当初はさほど甘さもなく、「えぇ、甘くない~~!」と文句を言っていた親の心子知らずなSAOですが(汗)、イチゴは段々と甘くなっていきました。
どうやら苺って、「もうこれ以上実はできないよ! これが最後の苺ですよ~」って実のほうが甘いらしい。
確かに、これが最後の収穫!って苺は甘くて大きくって、美味しかった~~~~。



苺のあとは、畑遊び。
鍬を持たせてもらって、畑仕事の真似事。
f0076260_23193581.jpg

f0076260_23194851.jpg


次は夏野菜だよ~~~。
はやく出来ないかとワクワク。
息子たちより、SAOの方がもちろんワクワク。
新鮮なナスにトマトにオクラにキュウリ。
あと少ししたらジャガイモも収穫出来るはず!

最近家計簿をつけ始めたSAOとして、お財布もニヤニヤ笑います。ウヒヒヒヒヒ。
[PR]

by lutukutuku | 2011-06-24 23:20 | SAOのお話
2011年 06月 11日
仮面ライダーたち
子供がはまった、戦隊モノ。
今やってる仮面ライダーも、もちろんハマる。
ハマらしてるのは、主人なんだと私はにらんでるんですけど…。
f0076260_23292387.jpg


現在の仮面ライダーのライダーベルトにゃ、さまざまな「メダル」が必要で、そのメダルが我が家にゃうんざりするほど、ある。
画像のは、ほんの一部。
ライダーベルトも、本当に邪魔になる。でかいしっ! 収納しづらいんですっ!!
全部、主人が買ったもの。
ちなみに、仮面ライダーは一人ではなくて何人がいるんですけど、私は個人的に「伊達ちゃん」が好きっ(どうでもいい)。



そんな中、今更ながら「電王」にハマった子供たち。
主人の友人から借りたので見せてみたら、熱狂ぶりが凄い。
(電王とは、何年か前にやってた仮面ライダーで、佐藤健がライダーだったヤツ)
ひたすら「電王」の決め台詞を言うものだから、しかも保育園でしょっちゅう言うものだから、親としてちょい困るわけよ。
だって、今時「電王」だし。
今の3歳児は、「電王」通じないし。
いちいち「あ、いまのセリフは、前にやってた仮面ライダーのセリフなんです。ええ、あの、ほっといてやって下さい」と先生に説明する羽目に。
だってねぇ、いきなり子供が「俺、参上!」とか「俺は、かーなーり、強いっ!!」とか叫びだしたら、怖いもん。
何やねんっ?!って、みんななってる。なってるのよ~。

ただね、子供と一緒に「電王」を見るんだけど、車に乗ったら「電王」をエンドレスでDVDを見させられるんだけど、確かに「電王」は面白い。
ハマる理由もわかる。



9月で仮面ライダーは、次の世代に交代するのね。
一年で、ワンクール。
次のライダーベルトは、買わないと心に決めてるんだけど、はたしてどうなることやら?!
仮面ライダーは面白いんだけど、我が家にある仮面ライダー関連のおもちゃ、捨てたい…。
[PR]

by lutukutuku | 2011-06-11 23:32 | SAOのお話
2011年 06月 02日
書展
この前の週末、遂に書展が開催されました。

地元の小さな展示室を借りて行ったのですが、先生は日展に入選されててそのお祝いも兼ねた書展だし、先生の更に上の先生も来られるっていうので、ちょい緊張。

私たちの書道のグループ名(?)が、「わかくさ会」です。
f0076260_21334935.jpg
かな習字なので、漢字の習字とは違います。

「春が来た」「初日の出」「太陽」

とかを書くのは、漢字の習字。

かな習字は、平安時代のお姫様たちが短冊にサラリサラリと書かれた、「読めねーよっ!」という字を書きます。

紀貫之は本当に字が上手で、私も今、紀貫之が書いた「書」をそっくりそのままマネして書き写す勉強をしているのですが、これが書けない…。
しかも、何て書いてあるか、読めない…。
読めないのに、写す。無理~。
辞書との格闘…。


その、先生の日展に入選された「書」が、これ。
f0076260_21382776.jpg
読めなくても、やさしい雰囲気の、素敵だわ~というのはわかります。


さらに。
以前作られた、屏風。
f0076260_2139591.jpg
何枚か、細かい紙が貼られているでしょう?


ズーーーーーム、アップ。
f0076260_21403887.jpg
百人一首なのです。

上の句と、下の句の、あわせて200枚が屏風に貼られてます。

う~ん、達筆すぎて読めね~~~。
これでカルタをやったら、完全アウトだね~。



で、私の「書」。

習い始めてやっと1年だし、もちろん先生みたいに書けるわけもなく。
文字数少なめの、でも文字が少ないから一字一字が目立ってごまかしがきかなくて、難しかった!
先生からも、「和歌を書くより、俳句を書く方が難しいのよ~。字が目立つから~」と書いてるときに言われて、言葉を失ったSAO。
おかげで、100回以上書いて、同じ字ばっかりを何十回と練習して、清書の紙(紙が高価!)も何度も失敗して。
結局、一番安い紙で書いたのが、先生OK出ました。
あ~ぁ、一枚600円(先生のディスカウント価格)の紙で成功したかった…。
f0076260_21484728.jpg
「風雲の谷 吹きわたる 若葉かな    正岡子規」


アップでブログアップする勇気は、ありませ~ん。ウヘヘ。



次の書展は、3年後。
その頃には、きっと上達しているはず。
大きい作品とか、書けているはず。
たぶん…。
[PR]

by lutukutuku | 2011-06-02 21:57 | SAOのお話